日本のアニメと中国のアニメの違い

06.jpg

実際、日本のアニメはすべて中国で生産・加工されており、中国の技術は日本や他の国よりもはるかに優れていることは周知の事実ですが、なぜ中国のアニメは日本のアニメのようにできないのでしょうか?日本動漫


彼らは中国のアニメを見ていると、「このキャラクターの髪の毛を見てみろ、全部ペンで描いてあるぞ!」と言ってきます。 そして、このキャラクターの顔のしわを見てください、なんとリアルなんでしょう。 また、キャラクターの多くは、実在の人物を特別にキャスティングし、コンピュータ技術で合成しているので、リアリティがあります。日本教育


日本のマンガのキャラクターは、国内のアニメのキャラクターが想像するほど複雑ではなく、言語の違いはあっても、国内の視聴者がそれを理解するのを止めることはできません。 日本の漫画を見て育ち、10年、20年と続けている人をたくさん知っています。 漫画を最初から最後まで読み、アニメ化された作品を見て、周辺の派生商品をすべて購入します。 周りの影響を受けて、2013年から日本の漫画を読み始め、今では数十本の漫画を見ています。私の影響で、2年前から弟も日本の漫画を読み始めました。jump漫畫


友人に何度も紹介されて、中国の漫画を少しだけ見ましたが、数話でそれ以上見られなくなりました。ストーリーがないか、考えさせられるようなストーリーではないので、面白くないと感じたのです。 笑われるかもしれませんが、みんな娯楽として観ているのだから、思ったほど複雑ではありません。そうは言っても、よく友人と映画の話をしていると、「どの映画に深みがないか」という話になり、誰かが「みんなが映画業界にいるわけではなく、みんなが娯楽として観ているのだから」と言うのです。童年回憶


しかし、みんなの娯楽のための同じアニメや映画でも、一生記憶に残り、何度も見て咀嚼されるものもあれば、逆に忘れられてしまうものもあるということを、誰も考えたことがない。 人生は演劇のようなもので、アニメでも映画でも、1000年後に記憶されたいと思っています そして、何が残るのか? それは思いです! それは文化です。 アニメも映画も、その時代の人間の心や社会の文化の産物であり、記録や創作物の昇華である。


関連記事:


今、日本のアニメは何を語っているのか?


なぜ日本のアニメにハマるのか?


なぜ日本のアニメがテレビから消えたのか?

この記事へのコメント