痩せてもリバウンドしやすい? 効果的な減量のためには、以下の5つの減量方法がおすすめです。

3.jpg

現代人は、不適切な食事や運動不足などの要因で肥満になります。

肥満は体型に影響を与えるだけでなく、針灸減肥体にも悪影響を及ぼします。 そのため、一度太ってしまったら、すぐに体重を落とさなければなりません。

しかし、なかなか体重が減らなかったり、逆に体重が増えてしまったりする人もたくさんいます。 これらの現象は、不適切な減量方法によるものです。

次に、効果的に痩せることができる、非常に科学的な5つのダイエット方法をご紹介します。

健康的減肥方法で効果的なダイエットをするには?

食生活の構造を改善する。

どのような人でも、健康的な体重を維持したいのであれば、食事の構造を改善しなければなりません。 動物性脂肪の多い肉類、動物性油、スープや骨スープなど、脂肪分の多い食品は食べないようにしましょう。

また、過剰な添加物を含むお菓子や軽食は食べないようにしましょう。

1日3食は、野菜、低糖質の果物、粗粒穀物、豆類を中心に、適当な魚、鶏肉、牛乳、ヨーグルトなどを添えて、食べ物は冷やしたり、蒸したり、茹でたりするのがよい。

食事の量を合理的にコントロールすることができる。

毎回の食事の量をコントロールし、食べ過ぎているように見えてはいけません。 しかし、過度なダイエットは代謝異常を招き、体重が減ってもリバウンドしやすくなるので、注意が必要です。

朝と昼に8回分、できれば夜に半分の量を食べ、2つの食事の間には糖分の少ない果物を少量食べるとよいでしょう。 午後5時から朝食までの間は、いかなる食べ物も食べないでください。

体力向上による運動量の増加

毎日の運動量を増やせば減量につながりますが、運動量が多すぎると食欲が刺激され、高カロリーの食べ物を摂りすぎる行為につながります。

また、一度運動をしすぎると、筋肉やグリコーゲンの量が増え、体重が減るどころか増えてしまうこともあります。

中程度の強度の減肥運動を1日2回、1回につき1時間から1時間半を目安に行うとよいでしょう。

また、毎食後30分程度、ヨガなどの有酸素運動を行うと、体のカロリーを素早く消費することができます。

水分補給はほどほどに。

水を飲まないと体重は減りますが、減るのは体の中の水分だけなのです。

健康上の問題が発生しやすいだけでなく、急激な体重の増加にもつながります。

したがって、体重を減らすときには、毎日きちんと水を多めに入れて、普通の水がメインで、適当にハチミツを少し入れてもいいと思います。 さらに、ダイエット効果のあるヨーグルトをきちんと飲むのもいいでしょう。

ダイエットでは、減量用の食品をきちんと多めに食べること。

ダイエット薬を飲まない、ダイエット茶を飲まない、他のダイエット薬を飲まない、他の減量薬を飲まない。

このようなタイプのダイエット商品は、短期的にはスリムになりますが、すぐにリバウンドしてしまい、体の代謝に異常をきたしてしまいます。

しかし、こんにゃく、きゅうり、セロリ、レタス、トマト、大根など、日常生活の中でダイエット効果のある食品を適宜食べればいいのです。

これらの食品は、体に必要な栄養素の補給と、脂肪の燃焼の両方を可能にしてくれます。

結論から言うと、体重が減りにくい人や、体重が減ってもすぐに元に戻ってしまう人は、たいていの場合、体重を減らすためのアプローチが間違っていることが関係しています。 そのため、減量方法の調整、特に上記5点は必ず行うようにしてください。

これに加えて、減量を達成してリバウンドしないためには、食事療法と運動療法を継続することが重要です。

相關文章:

本当に大丈夫ですか?極端なダイエットは避けましょう。

漢方では一般的にどのような減量方法がありますか?

なぜ減量はいつも失敗するのか? あなたはこれらの間違った方法を選んでいるかもしれません。

更多資訊:

www.sundaymode.com

discuss hk

www.afterworktoday.com

この記事へのコメント